12:56 2021年09月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11
でフォローする

米航空宇宙局(NASA)が潜在的に危険があるとみている小惑星「2016 AJ193」が、22日に地球から約340万キロ離れた地点まで接近する。NASAがウェブサイトで発表した。

その小惑星は、日本時間8月22日午前0時10分に地球に最接近する。移動する速さは秒速26キロ。直径は約1.5キロで、米国防総省のペンタゴンの直径(1.37キロ)に匹敵する

メディア系ニュースサイト「IFLScience」によると、この小惑星は光をほとんど反射しないため、今回の地球への安全な接近は、この小惑星についてより多く研究するための重要な機会となる。

「2016 AJ193」は、潜在的に危険なものに分類されている天体だが、地球に脅威を与えるものではないという。

関連ニュース

タグ
NASA, 惑星, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント