20:43 2021年09月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

衛星通信サービスを提供する英ワンウェブ(OneWeb)のコンステレーション34基はすべて予定通り目標軌道に投入された。これらはバイコヌール宇宙基地からロシアの「ソユーズ2.1b」により打ち上げられた。ロスコスモス広報部が発表した。

ロスコスモスは「通信衛星34基すべての投入に成功した」と報告

打上げは2回延期されており、1回目の8月19日はロシア側発射場の設備動作に不具合があるとの理由。2回目の8月20日はワンウェブ側から、地上の衛星管理センターのソフトに不具合があるとして延期の申し出があった。

今回投入された衛星により、ワンウェブ社のコンステレーションは計288基となった。

関連ニュース

タグ
ロシア, ロスコスモス, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント