10:31 2021年09月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

米国の科学者たちは、生涯を通じ、飲酒や食事によって体内の水分を保つことで、心不全の発症リスクは軽減できることを証明した。研究内容についての短縮したプレスリリースがEurekAlert!に掲載された。

推奨されている1日の水分摂取量は女性が1.6~2.1リットル、男性で2~3リットルだが、調査では多くの人がその下限値にも達していない。

科学者たちは、水分摂取量が少なくなると、血清中のナトリウム濃度が上昇することを発見した。また、体内に十分な水分量が維持できなくなると、心不全の原因となるプロセスが活性化する。

関連ニュース

タグ
米国, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント