13:30 2021年09月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

米国人研究者らが恐竜が生息していた時代のイチョウの葉の構造を調べ、この先に地球温暖化がどう進むか、予測を試みようとしている。イチョウの葉を見ることによって数億年の間に気候がどう自然を変えたのかが明らかになると期待されている。ブルームバーグが報じた。

ブルームバーグの報道によれば、研究対象となるイチョウの葉はワシントンの国立自然史博物館に保管されている。

研究者らの関心を呼んでいるのは、いわゆる「温室」の時代と呼ばれる、炭素ガスのレベルと温度が上昇した時期。こうした時期は数回繰り返されており、その1つが6600万年前に終わった白亜紀で、この時期を境にして恐竜は絶滅している。

関連ニュース

タグ
地球温暖化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント