20:04 2021年09月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (165)
0 26
でフォローする

2050年までに二酸化炭素廃棄ゼロを達成しても、今日の消費者のライフスタイルに大な変化は生じない。専門家は、地球の救済は、なによりも発電の在り方を変えることで達成されると確信する。BBCが報じた。

英国のトニー・ブレア地球変動研究所の調査によると、カーボンニュートラルには消費者の多大な努力が必要だが、しかし、必ずしも従来の輸送方式を完全に放棄する必要はないという。1人あたりの航空移動距離は2035年までに6%削減すれば十分であり、定期的に自動車を運転する人の数はわずか4%の削減でいい。

2050年までに航空業界ではエコロジー的にクリーンな燃料と水素が使用され、より短距離の移動用に電気飛行機が開発されると予測される。個人輸送に関しては、専門家は2035年までに国内の約60%が電気自動車になると予想する。環境目標を達成するには、電気自動車と化石燃料を使う自動車をディーラーが同じ比率で販売する必要がある。

この計画では燃料の変更も求められる。ブレア研究所の報告書は、2030年までに肉や乳製品の消費量を20%削減するよう提言した英国気候変動委員会の見解を支持している。研究者によると、2050年までにこの数字は35%に達する必要がある。

この他にも15年後には住居の約40%で低炭素暖房システムが使用されることになる。

関連ニュース

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (165)
タグ
気候変動, 地球温暖化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント