10:56 2021年09月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

米プリンストン大学の生物学者らは、電流を使用することで実質的に傷の癒しが早まる方法について実験を行った。

この方法の解説が雑誌『米国科学アカデミー紀要』に発表された。

傷と電気の関係そのものについては以前から知られている。19世紀中頃に研究者が傷口に発生する弱電を発見している。その後、人体の細胞は電流を感知し、それをフォローすることで、人体の再生を図る組織のサポートを行うことが明らかになった。これはガルバノタキシスと呼ばれ、これまで医師らは医療の実践の上でこれを効果的に活用する方法を検討してこなかった。

新しい実験の中で、ガヴナ・シマ氏が指導する研究者グループは、傷周辺の生きた細胞間の結び付きを断ち、電流によってそれらを傷口に移し、反対に結び付きを再構築した。研究者らは、「文字通り皮膚を這わせた」と説明した。

実験はマウスの皮膚の薄い標本上で行われた。この方法の実質的な応用について研究者らは、 それを公表する前に厚い皮膚のより深い傷に対して実験を行うこと を計画している。

関連ニュース

タグ
科学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント