13:51 2021年09月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21
でフォローする

イタリア工科大学は、人型ロボットの視線が人間の判断を下すプロセスに影響することを示した。論文はサイエンス・ロボティックス誌に掲載されている。

イタリア工科大学の実験では、40人の被験者は最も単純なゲーム理論モデルの「チキンレース」を人型ロボット「iCub」と一緒にプレイした。ゲーム中、科学者は被験者の行動を検証し、脳波計を使って神経活動を測定した。

実験の結果、被験者が判断をする時にiCubが被験者の目を覗き込んだ場合、iCubが目をそらした場合に比べて被験者の反応が遅くなることが明らかになった。この他にも、アイコンタクトや意思決定なども関連する脳のアルファ波も強くなっていた。

こうした効果が生まれることについて研究者らは、ロボットと人間が目を合わせる場合、人間はロボットの次の動きを予測したり、自分が気を散らさないようにするために、より頭脳を使わざるをえないからと説明している。ロボットの視線は人間の脳の社会的認知のメカニズムに「侵入(ハッキング)」するため、脳はロボットを一般社会の一員、つまり人間に対して反応するよう強いてしまう。

研究者たちは今回の観察結果が、特定の行動目的のために最適なロボットを作る一助になると期待している。

関連ニュース

タグ
ロボット, 科学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント