03:06 2021年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21
でフォローする

テスラが完全自動制御のEVの開発に取り組んでいる。暫定的に「モデル2」と命名された新型EVについてElectrekが報じている。

Electrekの消息筋によれば、開発についてはイーロン・マスクCEOが社員に明かした。マスク氏は2年後の2023年にも生産開始に期待をつないでいる。

​モデル2の価格は2万5000ドルに設定されており、テスラ社のラインアップでは最も手の届きやすい価格となるみこみ。マスク氏はEV価格を最低にまで下げることができる理由として、バッテリー生産の拡大と最適化のおかげと説明している。EV用バッテリーの生産価格は新技術のおかげで50%以上のコストカットが可能となった。

関連ニュース

タグ
自動車
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント