20:34 2021年09月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

英国は遺伝操作を行った小麦の栽培実験を行うはじめての国となる。この小麦は、パンを焼く時に潜在的に有害な物質となるアクリルアミドに変換されるアミノ酸であるアスパラギンが低レベルで含まれている。タイムズ紙が報じた。

野外での新しいタイプの小麦の栽培実験は、ハートフォードシャー州のロザムステッド農事試験場で2026年まで実施されることが予定されている。

報道によれば、アクリルアミドによりマウスはガンを発症するが、人間でも「ガンを発症させる可能性」があると考えられている。

プロジェクトを指導するナイジェル・ハルフォード教授によると、この試験の目的は、植物の遺伝物質に新たな特性を加えることなく、遺伝子組み換えではない、より健康に良い小麦を育てることにあるという。このアプローチでは、小麦のすべての変化はナチュラルな突然変異の結果として発生する。

小麦の遺伝子はCRISPR技術を使って編集が行われた。この技術によりグルテンアレルギーのある人にとって無害な小麦の栽培がすでに行われている。

関連ニュース

タグ
英国, ガン, 医療
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント