20:29 2021年09月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

紅茶は、硬水で淹れたとき、本来の味と香りが最大限に引き出される。スイスの物理学者らはこのような結論を導き出した。学術雑誌「Physics of Fluids」に発表された。

実験を行なった研究者らは、お茶の化学的および物理的特性を研究し、異なる種類のお茶が、それぞれの味を引き出す要素を解明するという課題に取り組んだ。実験の過程で研究者らは、紅茶が冷めたときに表面に形成される薄い膜に注目した。スイスの物理学者らは、この膜ができる正確なメカニズムを特定し、それが紅茶の味にどのように影響するのかについて分析した。

その結果、表面に薄い膜ができる確率と速度に大きな影響を与えるのは、水の硬度、つまりカルシウムの含有量であることが分かった。硬度が高ければ高いほど、膜の厚みが大きくなるという。

一方、紅茶の表面にできる膜の分子生物学的分析を行なったところ、この膜は紅茶に苦みや酸味を与える分子からできていることが判明した。

そこで研究者らは、紅茶を淹れるとき、水の硬度が高いことで、紅茶の表面に膜が生成され、それが紅茶の味質をより向上させることができるとし、紅茶を入れる際に使う水の硬度は下げないほうがよいとの結論に至った。

紅茶が研究対象としてこれほど高い注目を浴びているのは、紅茶には、まだ完全には解明されていない驚くべき特性があるからであろう。中国の研究者らが、紅茶を飲むことでクリエイティブな思考を向上させることができることを明らかにしたというニュースは「スプートニク」の過去の記事よりお読みいただけます。

関連ニュース

インドの茶生産者、値上げの可能性を警告 新型コロナウイルス感染症をめぐる状況で

長生きにつながる飲み物は?

 

Ключевые слова: 

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント