18:55 2021年09月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 04
でフォローする

ビル・ゲイツ氏と元夫人のメリンダ・フレンチ氏はAIを用いた薬剤開発を行っている英国の Exsciencia社に3500万ドルを投資する。同社のサイトが明らかにした。

Exscientiaはゲイツ氏、フレンチ氏とともにこれから4年で今のコロナウイルスのパンデミックとこの先、起こりうるパンデミックに対抗する遺伝子治療の開発に取り組む。Exscientiaは元夫妻の基金から3500万ドルを受け取る他に開発の商業化のために追加資金を受け取る可能性を有している。

Exscientiaは、AIを用い、莫大な量のデータをもとに学習するシステムを開発しており、これにより科学的コンセプトを高精度の開発へ具体化することが可能となったと指摘している。同社は自社目的として開発の成功率の拡大と患者に開発結果を届けるまでのスピードアップを挙げている。

ゲイツ氏はすでに今年春の時点で、2022年の間に世界がコロナウイルスのパンデミックを克服して、正常な状態に戻ることはないとの予測を表していた。

関連ニュース

タグ
ビル・ゲイツ, 科学研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント