14:05 2021年09月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

サムスンが伸縮可能なフレキシブルスクリーンの製造を発表した。新技術の動画はYouTubeで公開されている。

13インチの有機ELパネルは、特殊なメカニズムによって外側に引き伸ばすことができる。サムスンは事実上、見慣れた二次元画面に別の次元を加えた。

サムスンは、このスクリーンの市場供給の開始時期については明らかにしていないものの、近い将来、大型ビデオパネルのベースになる可能性もある。

現時点ではフレキシブルスクリーンの技術は使用には制限があり、コストもかかる。折りたたみ式ディスプレイのスマートフォンは、お手頃価格でもロシアでは9万ルーブル(13万5000円)はするだろう。

これに先立ち、サムスンが2022年にもフレキシブルスクリーン搭載のノートパソコンの発売に踏み切るとのインサイダー情報が流れている。

関連ニュース

タグ
サムスン, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント