23:33 2021年09月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 13
でフォローする

米テック系ニュース・サイト「ザ・インフォメーション」が伝えるところによれば、フェイスブックが独自プロセッサを開発を進めている。同社のデータセンターで使用され、機械学習(ML)に関する演算速度を高めるものとなる。

ザ・インフォメーションによれば、フェイスブックが開発しているのは、コンテンツのリコメンドアルゴリズムに関する機械学習(ML)処理を行うものと、動画ストリーミングの品質向上のためのトランスコード支援処理をするものの2つのAIプロセッサ

フェイスブックは2019年にも、動画のトランスコードや推論処理のためのASIC(特定用途向け集積回路)の開発を発表していた。その際、フェイスブックは、クアルコム、インテル、マーヴェルなどの半導体市場大手に協力を求めるとしていたが、今回の報道では、他社に依存することなく、独自に開発を行うものと伝えられている。

独自のプロセッサ開発には、アップル、アマゾン、グーグルなど、多くのIT企業が取り組んでいる。電力消費を抑え、自社のサービスを最適化することが狙いだと、ザ・インフォメーションは指摘している。動画投稿サイトTik Tokを運営する中国企業のバイトダンスも例外ではない。ザ・インフォメーションによれば、バイトダンスは独自の半導体製造を行う計画だという。

フェイスブックが写真や動画を撮影できるカメラを搭載したスマートグラスを眼鏡メーカーのレイバンと共同開発したというニュースについては、「スプートニク」の過去の記事よりお読みいただけます。

関連ニュース

タグ
facebook
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント