00:27 2021年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

ガーディアン紙によれば、英国の国民保健サービスが世界最大規模の検査実験を準備した。この検査では病気の症状が発生する前に50種類のガンをすぐに特定することが可能となる。

報道によれば、同サービスは年齢50歳から77歳の協力者14万人の募集を発表し、検査方法としてのテストの効果を調査する。実験の協力者らは今後2年間、何度か血液が採取されることになる。半数の協力者はただちにガンの有無について検査が行われ、残りの半数の患者の血液サンプルは冷凍され、病気のはじめの症状が現れる前に、テストが効果的にガンを検出できるのかについて確認が行われる。

ガーディアン紙によれば、もっとも初期の段階で腫瘍が検出された場合、ガンが進行した段階で発見された患者に比べ、生存率は5~10倍高くなるという。そのため、検査の開発者は、臨床実験としてテストを実施することがガンの死亡率を大幅に引き下げることにつながると考えている。

「ガレリテスト」と命名されたこの検査は米国で開発が行われた。報道によれば、検査の役割は、DNA粒子における化学的変化を明らかにすることにある。粒子は、ガン腫瘍からのものを含めて血液内に入り込むが、腫瘍はまだ特定ができない段階にある。テストはほとんどの種類のガンを検出し、それには肺や消化管、生殖器の腫瘍も含まれる。同紙は、この検査は標準的な診察に代わることはできないが、しかし、腫瘍の初期の診断で効果的な手段となる可能性が高いと強調する。

通信社「スプートニク」によれば、研究者らはガン治療のための新しい方法の探求を続けているという。英国では、ガンの発症率を下げる小麦の栽培を開始している。

関連ニュース

 

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント