01:13 2021年10月19日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

米国の研究者らは、腸内に生息する、あるバクテリアの数が増えた場合、これが大腸内のポリープが悪性のがん腫瘍に変わるリスクが高まる兆候になりうることを発見した。

ポリープのある患者の生体組織診断で、嫌気性常在菌バクテロイドス・フラジリスがより拡散していることがわかった。研究ではまた、ポリープのある患者の生命存在指標は健康な人とは異なっており、サンプルのバクテロイドス・フラジリスの数は小型のポリープの炎症と相関関係があることがわかった。

この結果、研究者らはこうしたバクテリアは炎症を引き起こす力がある点で健康なバクテリアと異なることを明らかにした。

関連ニュース

タグ
米国, 研究, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント