02:59 2021年10月19日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

カボチャがガンを予防する。カボチャには腫瘍の萌芽で血管が内殖するのを抑制する成分が含まれている。医学博士で栄養士のミハイル・ギンツブルク氏が解説した。

ギンツブルク博士は、身体の中で腫瘍がいかに発生するかについて詳しい解説を試みた。同博士によれば、はじめ体内で細胞の遺伝子変異が起こった後、それらが活発に増殖をはじめるという。その後、周辺部で強い炎症が発生する。

博士は、「カボチャがこの過程を抑止する。カボチャの中には抗酸化物質、ビタミンAやベータカロチン、ケイ素が含まれている」と指摘する。

この考えに医師のセルゲイ・アガプキン氏も賛同を示した。同医師は、まさに抗酸化物質のおかげで細胞は損傷から必要な保護を受け、危険な変異種が増殖する過程を鈍化させると語った。

これよりも前、米国の研究者らは、腸内に生息する、あるバクテリアの数が増えた場合、これが大腸内のポリープが悪性のがん腫瘍に変わるリスクが高まる兆候になりうることを発見した。

関連ニュース

タグ
ガン, 医療
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント