09:31 2021年10月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12
でフォローする

重度のうつ病を発見して治療することができるデバイスが、米国の研究者らによって発明された。研究者らが、どんな薬でも対処できなかった36歳のうつ病患者の脳にこの装置を埋め込んだところ、症状が改善されたという。学術誌「ネイチャー・メディシン」に掲載されている。

このデバイスの大きさは、マッチ箱ほど。この装置が脳に埋め込まれると、電気刺激によって脳にアプローチされる。この電気信号は、患者が必要とするときにだけ使用できるという。

その装置を使用したのは、36歳の患者のサラさん。1年以上前にこのデバイスを埋め込んだところ、人生が変わったという。サラさんはこれまで、抗うつ剤や電気けいれん療法など数多くの治療を受けてきたが、全てうまくいかなかったという。

サラさんは脳に装置を埋め込み、電源をいれてみたところ、人生が良い方向に変わり、しばらくすると自殺願望がなくなったという。装置挿入から1年が経過したが、副作用は起きていない。

この装置の開発を行ったキャサリン・スカンゴス博士は、この技術が患者の脳内の「うつ病の連鎖」に影響を与えていると述べており、今後の研究では、より多くの患者を対象に、この装置の効果を検証するつもりだという。この検証が成功すれば、うつ病だけでなく、他の精神疾患の治療にも利用できる可能性がある。

関連ニュース

タグ
米国, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント