01:50 2021年10月19日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

英国の研究者らは、英国バイオバンクのデータ分析をベースに、アレルギーとそれに関連する精神障害を確認する結論をまとめた。また、数学的な分析結果の処理により2つの病気には相互関連がないことを明らかにした。

これまでの研究では、メンタルヘルスと喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症の関係性が確認されていたが、その関連の特徴は明らかにはなっていなかった。

ブリストルおよびエディンバラ大学の研究者らは、再鑑定の実施後、具体的なアレルギーを規定する遺伝的変異を識別し、その後、精神疾患との関連を検証した。

研究者らは、「私たちは、アレルギー疾患のフェノタイプとうつ病、不安、双極性障害の間の明らかな関係を示す確固たる証拠を発見した。同じような関係が喘息とアトピー性皮膚炎、メンタルヘルスのフェノタイプの間でも発見されている。しかし、2つの傾向のそれぞれで因果関係を示す証拠は少なかった」と主張する。

今後の研究によりアレルギー疾患または精神障害の治療で新しい戦略を確立することが可能となると、主任研究員のアシュリー・ブドゥ・アグレイ博士は強調する。

関連ニュース

タグ
英国, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント