14:32 2018年09月23日
男子パラレル大回転優勝の原田上 選手

冬季デフリンピックで日本の スノーボードチームが大活躍

© 写真: 全日本ろうあ連盟
スポーツ
短縮 URL
0 102

3月28日からロシアのハンティ・マンシースクで始まった第18回冬季デフリンピックで、日本のスノーボードチームが大活躍。

3月30日、アルペンスノーボード(監督:土師比佐夫)パラレル大回転で、原田上(38)選手が金メダル、スノーボードハーフパイプ(監督:南雲利仁)女子で、花島良子(27)選手が金メダルを獲得した。

一方、ハーフパイプ男子では、津久井康友(36)選手が、銅メダルを獲得した。

またカーリング男子チームは現在、ロシア、韓国、カナダなどを破り、5連勝中。

デフリンピック日本代表団は、素晴らしい活躍を見せている。みんなで応援しましょう!

協力:全日本ろうあ連盟

 

タグ
日本関連
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント