05:09 2017年09月24日
東京+ 19°C
モスクワ+ 8°C
    国際フットボール友好デー

    ヨーロッパ、アジアの24カ国の 少年が国際フットボール友好デー を祝った

    © Sputnik/ Alexey Filippov
    スポーツ
    短縮 URL
    0 2910

    ガスプロムが全面協賛する、フットボールフォーフレンドシップのプログラムの一つとして、国際フットボール友好デーを迎えました。24すべての参加国が、それを記念する親善試合などを行いました。

    親善試合では、フットボールフォーフレンドシップのキーメッセージである、友情、平等、公平、健康、平和、勝利への献身を思い出すことがテーマです。

    ブレスレットは、忍耐、平等、そして健康的なライフスタイルを意味し、試合後にはブレスレット交換が行われました。ブレスレットは緑と青の2本の毛糸でできており、緑は、フットボールのフィールドが誰にでも開かれていることを表し、青は平和な青空を表しています。

    国際フットボール友好デーは、チーム、メディアなど様々な方々のご協力により実現しました。

    親善試合のほか、各国では様々な取り組みがなされています。セルビアでは、大会参加予定の少年選手が、かつての名選手である。イワンイヴァノビッチ氏とテレビで対談しました。ドイツでは、シャルケ04のスター選手が、子どもたちに対しレッスンを行いました。フランスでは、現地の著名人を招待し、親善大会、イベントなどを開催しました。ロシアでは、フレンドシップリレーが行われ、オリンピックの聖火リレーのように、少年選手が聖火リレーを行い、WEBでの中継がなされました。

    本大会のアンバサダーであるフランツベッケンバウアー氏は「スポーツを行っているとき、子どもたちは、コミュニケーション、理解、信頼、忍耐を学びます。ひとたびフィールドでプレーをし、友情と尊敬の念を抱くと、それが日々の生活にも活きて来るのです。これこそが、毎年4月25日に国際友好デーを行う意義なのです。それは教育的観点からもすばらしい日となります。この国際友好デーが、全世界の子どもたちを繋げ、世界をいいものにして行こうという考えにつながります。」と語っています。

    中国から参加しているヘチェン・ウェイ君(12歳)は、「私は、フットボールフォーフレンドシッププロジェクトが、お互いを尊敬し、チームに貢献することを教えてくれると思います。今日では、私たちのフットボールチームは単にフットボールをするだけではありません。フットボールがなくてはならない仲間たちが皆同じ考えです。私たちは何でも話しますし、また、私たちに何が大事かも話したりします。それが、友情、平等、そして伝統です。この日は本当に最高のホリデーです。それに加え、友情ブレスレットも気に入っています。シンプルでかっこいいです。友達はみんなつけていますよ。」と話しています。

    タグ
    サッカー, ガスプロム
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント