00:11 2018年09月24日
FIFAの一件、米国家安全保障局スキャンダルから注意を逸らす

FIFAの一件、米国家安全保障局スキャンダルから注意を逸らす

© AP Photo / Patrick Semansky, File
スポーツ
短縮 URL
FIFA収賄スキャンダル (32)
0 73

FIFAをめぐる収賄スキャンダルは米国家安全保障局(NSA)のスキャンダルからドイツ世論の注意をそらすために放たれた。オバマ米大統領の訪独の前日、独連邦議会は6月6日までにドイツで行われたおよそ50万件の追跡を公表するよう求めたが、これに米国は答えず、その代わりにFIFAの一件をプレスと大衆に放った。

FIFAスキャンダルのターゲットは大衆。懐疑的、かつおびただしい数の大衆、サッカーファンは細かい状況には明るくなく、すべてをそのまま信じてしまう。彼らを怒り心頭させることのできる詳細を次々と出すことで、その注意を長期間そらす目的で放たれたものだ。

一般のヨーロッパ人の関心は欧州全体を盗聴する米国と独の間のスキャンダルに集中しているが、FIFAの一件は世界のリーダーにいたるまで、これから注意をそらすという単純な目論見だ。FIFAスキャンダルの開始まで、欧州の政治家らは、米連合国へのスパイ行為を許し、本質的には米国に欧州の主権を与えてしまうような首脳など、何のために必要だろうかという問題に頭を悩ませていた。

FIFAスキャンダルの背景で米ワシントン・ポスト紙に掲載されたある記事は特筆に価する。記事の執筆者は、何の権利があって米国人は欧州を切り回し、米国とは最小限度の関わりしかない国際組織の収賄に影響を及ぼそうとするのか、とたずねている。確かに米国はサッカー大国ではない。だが米国はいかなるスキャンダルにおいても国際プレーのあらゆるルールに違反してもゴールを決めようとする。

トピック
FIFA収賄スキャンダル (32)
タグ
FIFA, NSA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント