02:57 2018年09月26日
イングランド 2018年W杯ロシア大会ボイコットを示唆

イングランド 2018年 W杯ロシア大会ボイコットを示唆

© Sputnik / Alexander Vilf
スポーツ
短縮 URL
FIFA収賄スキャンダル (32)
0 112

イングランドサッカー協会のグレッグ·ダイク会長は、国際サッカー連盟(FIFA)の会長にブラッター氏が再選したことを受け、イングランド代表が2018年にロシアで開かれるサッカーW杯をボイコットする可能性があることを示唆した。

イングランドサッカー協会のグレッグ·ダイク会長は、国際サッカー連盟(FIFA)の会長にブラッター氏が再選したことを受け、イングランド代表が2018年にロシアで開かれるサッカーW杯をボイコットする可能性があることを示唆した。

ダイク会長は、「私は、欧州の大多数の国、そして南米の全ての国が、ブラッター氏に反対票を投じたと聞いている。事実上、この2つの地域が、世界のチャンピオンだ。イングランドが単独でボイコットすることはないが、もし欧州サッカー連盟(UEFA)が、W杯に欧州の国々が参加することに反対した場合には、我々もそれを支持する可能性があるのは明白だ」と述べた。

トピック
FIFA収賄スキャンダル (32)
タグ
サッカー, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント