07:44 2017年04月28日
東京+ 12°C
モスクワ+ 4°C
    FIFA logo

    ラヴロフ外相:FIFAスキャンダル、ロシアのW杯開催を妨害する企てとは思わない

    © AP Photo/
    スポーツ
    短縮 URL
    FIFA収賄スキャンダル (32)
    0 25430

    ロシアのラヴロフ外相は、FIFAの汚職スキャンダルが2018年のサッカーW杯の開催権をロシアから剥奪するための企てだったとは思わない、と語った。

    「2018年のサッカーW杯ロシア大会を駄目にすることを今誰かが考えているなどとは思わない」。ブルームバーグTVによるインタビューでラヴロフ外相が述べた。

    ラヴロフ外相はまた、プーチン大統領の発言を引用した。プーチン大統領によれば、FIFAの汚職スキャンダルに対する捜査の進展について発表するためにこのようなタイミングが選ばれたところを見ると、その目的はFIFA会長選挙を妨害することにあった、という。

    トピック
    FIFA収賄スキャンダル (32)

    関連:

    ラヴロフ外相、露米関係に新たなリセットなし、だが対話は続行
    ラヴロフ外相 安全保障における各国の平等の権利について語る
    「ロシアは世界をどう見ているか」ーラヴロフ外相へのインタビュー抜粋
    ラヴロフ外相、対テロ闘争は政治的利益によってはならない
    FIFA会長「2026年のWカップはアジア以外の全ての地域に開催権」
    日本サッカー協会、フセイン王子の集票はFIFAへの批判票
    プーチン大統領:ブラッターFIFA会長の再選を祝う
    タグ
    FIFA
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント