04:35 2018年09月20日
FIFA、ロシアW杯開催権剥奪の構えなし

FIFA、ロシアW杯開催権剥奪の構えなし

© AFP 2018 / MICHAEL BUHOLZER
スポーツ
短縮 URL
FIFA収賄スキャンダル (32)
0 170

国際サッカー連盟(FIFA)はロシア、カタールが獲得した2018年、2022年のW杯開催権は正当なものとする声明を表した。

CNNテレビが引用したFIFAの声明は、「ロシアとカタールは誠実な方法で2018年、2022年のW杯開催権を獲得した。鑑定作業の結果を見れば、FIFAにはこれらの国の開催権を剥奪する法的根拠がないことはわかる。」

8日、FIFA監査・法令順守委員会のスカラ委員長は、2018年、2022年のW杯開催権獲得競争の中で仮に収賄の事実が明らかになった場合、ロシアとカタールは開催権を剥奪される恐れがあると発表していた。

トピック
FIFA収賄スキャンダル (32)

関連:

ラヴロフ外相:FIFAスキャンダル、ロシアのW杯開催を妨害する企てとは思わない
FIFA会長「2026年のWカップはアジア以外の全ての地域に開催権」
日本サッカー協会、フセイン王子の集票はFIFAへの批判票
プーチン大統領:ブラッターFIFA会長の再選を祝う
タグ
FIFA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント