05:38 2017年12月14日
東京+ 3°C
モスクワ+ 2°C
    心臓の手術

    死亡した元F1レーサーの臓器が6歳の小児に提供

    Ivan Rudnev
    スポーツ
    短縮 URL
    0 20

    レース中で死亡したF1級英国人レーサー、ジャスティン・ウィルソンさん(37)の臓器が6歳の小児患者に提供された。ツィッターでウィルソンさんの兄弟のステファンさんが明らかにした。ロシアのマスコミが報じた。

    23日ペンシルバニア州ポコノで行なわれた米インディー・カーの「レースウェイ500マイル」で、米レーサーのセージ・カラム選手が事故をおこした際、車体の破片がウィルソン選手の頭部にあたり、ウィルソン選手の車はコースの柵をはずれた。ウィルソン選手は頭部に重傷を負い、意識を失って病院に収容されたものの、一昼夜後に死亡した。

    ジャスティン・ウィルソン選手はインディー・カー出場は100度を越え、3度の優勝を果たしていた。F1ではミナルィディー、ジャガーの各チームで合わせて2003年のシーズは16のレースに出場。米国グランプリで8位に輝く最高成績を収めていた。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント