21:47 2018年11月16日
ロシアのムトコ・スポーツ相

ロシアスポーツ相:ロシアは反ドーピング機構と迅速に協力する用意がある

© Sputnik / Aleksei Druzhinin
スポーツ
短縮 URL
133

ロシアのムトコ・スポーツ相は、ロシアのマスコミに対し、世界反ドーピング機構(WADA)が、ロシア反ドーピング機構(RUSADA)について、WADAの規定に合致していないと判断したことについて、予想していたとし、ロシア側は効果的な協力を行う用意があると述べた。

ムトコ氏は、「WADAと迅速かつ効果的、そして誠実に協力する用意がある。決定は予想していたものだった。我々は、私たちの反ドーピングシステム全般を調整し直す用意がある」と語った。

WADAの会長は18日夜、RUSADAは、WADAの規定に合致していないと発表した。

ロシアは、反ドーピング機構が機能しない状態で国際大会を開催、あるいは開催申請することはできない。

また国際陸上競技連盟(IAAF)も、ロシア陸上競技連盟に対する資格停止処分を決めた。なおIAAF自体も現在、取り調べを受けている。

 

 

関連:

メディア報道:ロシア代表、スキャンダルのため日本のマラソン大会に参加しない
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント