07:28 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 11°C
    FIFAブラッター会長

    FIFAブラッター会長:もし2022年のW杯開催国が米国だったらスキャンダルはなかっただろう

    © AP Photo/ Ennio Leanza
    スポーツ
    短縮 URL
    2621180

    もし国際サッカー連盟が2022年のW杯の開催権を米国に与えていたなら、FIFAではいかなる汚職スキャンダルも持ち上がらなかっただろう。8年間サッカー活動を停止されたFIFAのヨーゼフ・ブラッター会長が会見で述べた。

    同氏によれば、FIFA倫理問題仲裁局は欧州サッカー連盟のミシェル・プラティニ会長との協力に関する約束の事実を否定した。こうした合意が2度にわたり欧州サッカー連盟の会議で確認されたにも関わらずだ。

    「欧州サッカー連盟では、プラティニとの合意はあったと確認されている。こうして我々は、それを知っていたのは私とプラティニだけではない、と証明した。我々はプラティニに200万フランを渡した。それは必要な形で記録されている。いかなる汚職もなかった」とブラッター氏は強調する。

    同氏は、ローザンヌのスポーツ仲裁裁判所およびスイス裁判所に上訴する意向を示した。何に対して裁かれたのか理解できないからだ、という。

    「何のとがめで8年を言い渡されたのか。自身とFIFAのために戦う。もう弁護士とも話した。弁護士は、決定が私自身よりも先にメディアに発表されたことに、さして驚いていなかった。7月、チューリッヒで、私とミシェル・プラティニは、この合意について、個別に取り調べを受けた。我々は同じことを主張した。全く同一の証言を行なった。しかしそれでも我々はうそつきとされた。我々はすぐにスポーツ仲裁裁判所に提訴する。また、スイス裁判所にも。私はスイス人だから」。

    同氏は、自分は合法的に選ばれた会長であり、FIFA会議のみが自分を退任させることが出来る、と指摘した。

    タグ
    サッカー, FIFA
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント