00:23 2018年07月20日
アルゼンチン、レッドカードが原因でサッカーの試合中に選手が審判を銃殺

アルゼンチン、レッドカードが原因でサッカーの試合中に選手が審判を銃殺

© Sputnik / Alexey Filippov
スポーツ
短縮 URL
0 19

アルゼンチンでサッカー選手がレッドカードを提示されたことに不服示し、審判を銃殺する事件が起きた。

事件はコルドヴァ市で発生。殺されたのは審判のセザール・フロレス氏(48)。犯人の若いサッカー選手は敵に襲い掛かったことを理由にフロレス氏にプレーからはずされた後、数分後にフィールドに戻り、フロレス氏に向かって3度、発砲した。この際、他の選手も負傷し、病院に搬送されている。銃弾は頭部、肩、胸部に命中し、フロレス氏は即死した。サッカーのニュースサイト「ゴール・ドット・コム」が報じた。

犯人のサッカー選手は犯行後、姿をくらませており、指名手配されている。

タグ
サッカー, アルゼンチン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント