10:49 2017年08月22日
東京+ 29°C
モスクワ+ 20°C
    リオネル・メッシ

    メッシ選手がステロイド・ドーピングを使用、専門家談

    © REUTERS/ Albert Gea
    スポーツ
    短縮 URL
    1156522

    サッカーの「バルセロナ」所属でアルゼンチン代表のリオネル・メッシ選手は最も強いドーピングを合法的に使用していた。この事実について、禁止薬剤に詳しいロシア人専門家のイーゴリ・ネクラシェヴィチ氏の談話がロシアのスポーツ新聞「スポルトファクト」に掲載された。

    ネクラシェヴィチ氏は「(ステロイドといった)きついドーピングもサッカーでは用いられている。ナンドロロンは中でも最もきついとされるが、これにフランク・デ・ブール(蘭)、ヤープ・スタム(蘭)、フェルナンド・コウト(西)も頼っていた。リオネル・メッシも最もきついドーピングとされる成長ホルモン剤を全く合法的に服用していた(現在も服用を続けているかはわからない)」と語っている。

    ネクラシェヴィチ氏は、メッシ選手は医師の勧めに従って服用していたと指摘している。

    「メッシには生まれながらに成長ホルモンが足りない症候群があり、身長がとても低かった。『バルセロナ』移籍後、成長ホルモンの投与を急がなければ、140センチを超えることはなかっただろう。医療上のデーターから投与が許可された。」

    関連:

    世界反ドーピング機関 メルドニウムの犠牲者に恩赦
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント