00:32 2017年10月22日
東京+ 17°C
モスクワ+ 3°C
    学者 「グローバルな睡眠危機」の原因を語る

    学者 「グローバルな睡眠危機」の原因を語る

    © Fotolia/ Yuri Arcurs
    スポーツ
    短縮 URL
    156152

    米ミシガン大学の学者たちは、調査の結果、現代人が「グローバルな睡眠の危機」にさらされていることを明らかにした。

    学者たちは、実験でスマートフォン用の特別アプリを使用し、社会的な圧力が人々の睡眠時間を減らしていると発表した。

    学者たちは、現在人の寝る時間を遅くさせているのは、まさに社会的圧力だとの確信を示している。

    わずか30分の睡眠不足だとしても、人間の認識能力を著しく低減させる可能性があるという。

    なお睡眠不足の上位には、世界の様々な国の中年男性が入っており、彼らの平均睡眠時間は、医師たちが推奨している1日7-8時間を下回っている。

    関連:

    米企業:「死んだ状態」の脳を蘇らせることが可能に
    Google、ユーザーの目にコンピューターを搭載
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント