09:52 2017年11月21日
東京+ 6°C
モスクワ+ 1°C
    IOCのトーマス・バッハ会長

    メディア ロシア全選手がリオ五輪から除外されることを知る

    © Sputnik/ Elena Sobol
    スポーツ
    短縮 URL
    ロシア・スポーツ界のドーピングスキャンダル (58)
    12346233

    英紙メール・オン・サンデーの記者たちは、国際オリンピック委員会(IOC)がブラジルで8月5日に開幕する2016年のオリンピックからロシア代表チーム全てを除外すると決めたことを知った。

    24日、スイスのローザンヌでIOC執行委員会の会合が開かれ、ロシア代表チームの運命に関する決定が正式に発表される。

    世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の調査結果に基づき、IOCはロシア代表チームのリオ五輪からの除外を勧告した。

    メール・オン・サンデーは、独自のIOC筋の情報として、「ドーピングがスポーツ全体への攻撃であることをロシアに示すため」に、ロシア人選手387人全員が五輪から除外されると報じた。また同紙は、「これはリオ五輪からの事実上の追放を意味している。なおIOCのバッハ会長は、個別の選手の権利に関する問題が検討されることも望んでいる」と報じている。

    また匿名の消息筋によると、IOCの中心的人物たちは、ロシアを2018年に韓国で開かれる冬季五輪からの除外も支持しているという。

    トピック
    ロシア・スポーツ界のドーピングスキャンダル (58)

    関連:

    ロシア人スポーツ選手の五輪不参加はどれほど高くつくか?
    ロシアに対する「冷戦」はスポーツでまだ続いている
    45件陽性反応、08北京、12ロンドン五輪のドーピング検査
    タグ
    五輪, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント