00:21 2018年07月20日
CAS

スポーツ仲裁裁判所がIOCのドーピングへの2重の罰の決定を取り消した

© AFP 2018 / Fabrice Coffrini
スポーツ
短縮 URL
0 80

「ドーピング違反歴のある選手の16年五輪への出場を認めないというルールは、法的効力を持たない」とスポーツ仲裁裁判所(CAS)の記者会見で述べられた。

スポーツ法律家ミハイル・プロコペツ氏はフェイスブックのページに次のように書いている。

「ボートのアナスタシア・カラベリシコワと、イワン・ポドシワロフ選手の件は、IOCが16年7月24日に定めた規則を取り消すことができた。その規則とは、ドーピング違反歴があり、ペナルティを遂行した者は、リオに行かないというものだ。この規則はCASによって取り消されたところだ。これはいわゆる、1つの違反への2重の責任の規則だ。」

先に伝えられたところによると、リオ五輪にロシア選手を出場させるという決定を行った際には、国際オリンピック委員会は、政治と独立した公正の原則に基づいて行動した。

関連:

体操・内村選手、ロシア勢のオリンピック出場を喜ぶ
プルシェンコ、イシンバエワを支持
タグ
リオ五輪ロシア, 五輪
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント