12:07 2017年08月18日
東京+ 27°C
モスクワ+ 18°C
    スン・ヤン

    尿が紫色だとして中国選手 ドーピングが疑われる

    © Sputnik/ Vladimir Pesnya
    スポーツ
    短縮 URL
    0 339635

    フランス男子水泳のカミユ・ラクール選手は、ライバルである中国のスン・ヤン(孫楊)選手について、禁止薬物を摂取しているのではないかとの疑念を明らかにした。ラクール選手は、中国選手の尿の色を見て、そうした結論に達したという。

    ラクール選手は「ドーピング歴」のある水泳選手達が、リオ五輪への出場を許されていることに不満を表し、尿は紫色だったと中国選手を非難した。彼の意見によれば、尿が異常な色であることは、中国選手が禁止薬物を使用していることの明らかな証拠だとのことだ。

    ロンドン五輪で2つの金メダルを獲得したスン・ヤン選手は、以前、ドーピング違反で3か月間、資格停止処分を受けた。なお同選手は、リオ五輪男子水泳400メートル自由形で銀、200メートル自由形で金メダルを獲得した。

    関連ニュースと解説はこちらのタグから。

    関連:

    リオ五輪4日目 ロシアは金・銀メダル獲得
    北朝鮮と韓国の体操選手が一緒に自撮り
    若きブラジル人、セックス五輪優勝を夢見る
    タグ
    五輪, ブラジル
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント