11:58 2018年07月16日
パラリンピックからのロシア排除について、インディペンデント:これが平等というわけだ

パラリンピックからのロシア排除について、インディペンデント:これが平等というわけだ

© Sputnik / Kirill Kallinikov
スポーツ
短縮 URL
2514

リオ五輪からのロシアのパラリンピック選手の排除は憤ろしく、不公平であり、障害を持つ人々への国際スポーツ組織の態度を示している。インディペンデント評論員マリー・デジェフスキ氏が報じた。

大会への参加の禁止という措置は、選手らが不完全なスポーツシステムに関与しているという事実のためだけにとられた。「先に世界アンチ・ドーピング機構(WADA)はロシアには国家的なドーピングプログラムがあるとしてロシアを非難した。しかし、選手の罪を証明する客観的証拠は示されていないという。

「これが平等というわけだ。自然的正義の原則-罰は罪に相応するべきである-が損なわれただけでなく、より長期的な効果もある。障害のある人の権利と機会について、世界スポーツはロシアにどのようなメッセージを送ったのか」と著者。

関連:

「死のセルフィー」 まだ今のところはお咎めなし?
リオ五輪、中国競泳選手にドーピング
タグ
リオ五輪ロシア, 五輪, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント