02:25 2018年11月19日
エレーナ・イシンバエワ

エレーナ・イシンバエワ 引退を表明

© Sputnik / Grigoriy Sysoyev
スポーツ
短縮 URL
0 160

五輪で金メダルを2度獲得した女子棒高跳びのエレーナ・イシンバエワ氏は19日、リオデジャネイロの特別記者会見で引退を表明した。

イシンバエワ氏は、「私は引退を伝えるために皆さんをお招きしました。もし望んだとしても、東京五輪に出場することはできないでしょう。それでなくても4歳年をとってしまいます。今日飛ぶ女子選手たちはみんな私よりも10歳年下です。また国際オリンピック委員会(IOC)のメンバー条件の一つは、選手であってはならないとされています」と述べた。

イシンバエワ氏は、「私は幸せです。なぜなら私は自分を実現化したからです。可能なものは全て手に入れ、ファンたちの信頼も獲得しました」と指摘した。

8月18日、イシンバエワ氏はIOCの選手委員に選出された。その後イシンバエワ氏は、ロシアに対する不公平を許さないことを約束した。

関連:

ウクライナのスポーツ選手 オリンピックからのロシア選手排除を非難
「なぜオリンピック選手は、メダルをかじるのか」英紙が明らかに(写真)
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント