10:08 2021年05月17日
スポーツ
短縮 URL
1220
でフォローする

ロシア選手は、リオデジャネイロ五輪15日目、金メダル4、銀メダル1を獲得、これまでで最も良い成績を収めた。

前回2012年のロンドン大会同様、五輪最終日の前日、リオでもロシアに勝利の女神は微笑んだ。

女子ハンドボール、そして新体操個人総合ではマルガリータ・マムン選手が、男子ではレスレング・フリースタイル86キロ級でアブドゥルラシド・サドゥラエフ選手、近代五種競技でアレクサンドル・レスィン選手が、それぞれ金メダルに輝いた。また新体操個人総合で、ヤナ・クドリャフツェワ選手が銀メダルを獲得した。

関連ニュースと解説はこちらのタグから。

関連:

ポーランド選手、病気の子供を助けるため五輪のメダルを売る
リオ五輪に金正恩氏に激似の観客が見つかる(動画)
タグ
リオ五輪ロシア, 五輪, ブラジル, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント