04:39 2020年09月27日
スポーツ
短縮 URL
3132
でフォローする

世界反ドーピング機関(WADA)は、米国のビーナスとセレナのウィリアムズ姉妹が、治療目的で禁止薬物を使うことを許可していた。13日、火曜日にハッカーグループFancy Bearが公表した然るべき文書の中で明らかになった。

また伝えられるところでは、リオ五輪オリンピック女子体操で金メダル4個を獲得したシモーネ・バイルズ選手は、メチルフェニデート(精神刺激薬)についてのドーピング検査で陽性反応が出たが、失格を逃れた。

なお先に伝えられたところによると、ケニアの重量挙げ選手ガブリエル・マグー・ワンジク氏はドーピングが検出されたにもかかわらずリオ・パラリンピックへの参加を許された

関連:

女性審判員 サッカーファンから「皿でも洗いに行け」と言われて試合を中断
パラ開幕式にロシア国旗を掲げた選手をベラルーシ外務省が「男らしい行為」(動画)
タグ
スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント