23:19 2019年11月15日
サム・アラダイス

英紙、サッカー英代表監督の汚職を告発

© AFP 2019 / Anthony Devlin
スポーツ
短縮 URL
0 21
でフォローする

英紙テレグラフがサッカー英国代表のサム・アラダイス新監督(61)の汚職を告発した。

同紙はイングランドサッカーでの汚職と賄賂の証拠探しに向けられた、10ヶ月に及ぶおとり取材の結果を公開した。

アラダイス監督が就任する前からすでに記者はアジアのビジネスマンを装って会っていた。40万ポンド(約5300万円)と引き換えに監督は選手の第三者保有規制を逃れる方法を助言しようとした。

テレグラフ紙の記者はイングランドサッカー協会(FA)に書面で調査の具体的な状況と、会話の音声や動画を送った。

FAはこの件に関し自ら調査に取り掛かったという。

先に報じられたところ、拘束されたロシア内務省汚職対策課の元責任者から4億7500万ドル超が見つかった

関連:

舛添都知事が証明、日本に汚職はあり、貪欲は根絶し難し
メルドニウム服用の米国選手には検査もお咎めもなし、NYタイムズ報道
テニスのウィリアムズ姉妹 WADAの承認を得て 禁止薬物を使用
タグ
汚職, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント