08:20 2018年11月17日
ドーピング

ドーピング「許可」についての欧米の世論

© AP Photo / Fabrice Coffrini
スポーツ
短縮 URL
0 20

欧州と米国の市民の大多数が、世界反ドーピング機関(WADA)が禁止している薬物を、医学的な理由で使用するスポーツ選手がいることに対して、否定的だ。これが、スプートニクの要請により行われた世論調査の結果だ。

スプートニクは Ifop(フランス世論研究所)に委託し、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、英国、ポーランド、米国において調査を行った。調査には7000人以上が回答した。

調査が行われた全ての国で、ドーピング「許可」反対派は、賛成よりも多いことが判明した。

「ドーピング許可」に反対と回答したのは、ポーランド(66%)、イタリア、ドイツ(50%)、フランス(48%)、米国(45%)、スペイン(41%)、英国(38%)。

回答者の5分の1が、一部の選手だけが有利なコンディションにならないように、全ての選手にドーピングを許可するように提案。このアイデアを最も強く支持したのは順に英国(22%)、スペイン(19%)、ドイツ(19%)、米国(17%)。ポーランドではわずか11%の回答者がこの意見を支持したのみ。

回答者の約4分の1が、スポーツ選手は「許可されている」ドーピングを服用可能だと答えた。このような意見に賛成したのは多い順にスペイン(31%)、米国(28%)、英国(27%)、イタリア(25%)、フランス(25%)、ドイツ(22%)、ポーランド(14%)となった。

欧米、ドーピング「許可」について発言
© 写真 : Sputnik 日本
欧米、ドーピング「許可」について発言
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント