06:03 2018年11月22日
19カ国のドーピング防止機構がすべての国際試合からロシアを除外を呼びかけ

19カ国のドーピング防止機構がすべての国際試合からロシアを除外を呼びかけ

© Sputnik / Valeriy Melnikov
スポーツ
短縮 URL
2128

19カ国のドーピング防止機構(NADO、ナショナル・アンチドーピング・オーガニゼーション)がドーピングスキャンダルを理由にロシアを全ての国際試合から除外し、国際試合の開催権を剥奪するよう呼びかける声明を表した。

NADOの声明をBBCのデン・ロアン記者が自らのツィッターに引用している。

NADOの声明には、カナダの法律家リチャード・マクラーレン氏の率いるWADA独立調査委員会はロシアを「ドーピング隠蔽が体系的に行なわれていることを文句なしに証拠づけた」とか枯れている。

NADOは、ロシアのスポーツ体系およびアンチドーピング体系が「全世界のアンチドーピング規則に完全に適合しない間」はロシアはあらゆる国際試合から除外されるべきとの見解を掲げている。

「NADOの指導者らはまた国際連盟およびその他の大規模な試合の組織者らに対してロシアを現在開催が予定されている全ての国際試合から除外し、かつ新たな試合の開催権を剥奪するよう呼びかけた。」声明にはこう書かれている。

この提案をオーストリア、ベルギー、カナダ、クロアチア、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、日本、オランダ、ポーランド、スロベニア、スペイン、南アフリカ、スウェーデン、スイス、米国の19カ国のNADOの指導者らが承認した。

スポーツ関連ニュースはこちら

 

関連:

シャラポワさん、待望の試合復帰!「素晴らしいファンたちに会えるのが待ちきれない!」 【写真】
メディア:ロシア女子フィギュア選手、14年度五輪金メダル喪失か
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント