07:28 2018年06月18日
ドーピング・スキャンダル:ウサイン・ボルト 2008年五輪金メダル剥奪

ドーピング・スキャンダル:ウサイン・ボルト 2008年五輪金メダル剥奪

© REUTERS / Kai Pfaffenbach
スポーツ
短縮 URL
250

2008年北京五輪の男子陸上400メートルリレーで優勝したジャマイカのネスタ・カーターのドーピングサンプルを再検査した後、禁止されているメチルヘキサン アミンの使用の痕跡が見つかり、同種目に出場したチームメートのウサイン・ボルトを含む4人の金メダルが剥奪された。P-スポルトが、国際オリンピック委員会(IOC)のホームページに掲載された情報を引用して伝えた。

ジャマイカは失格処分となり、メダルを返却しなければならない。

カーターは1年半の資格停止処分が科される可能性がある。

なお失格処分により、ボルトがオリンピックで獲得した金メダルは8個となる。

先に偉大な短距離選手のボルトはインタビューで、メダルを返却する用意はあるが、悲嘆にくれるだろうと語った。

これより先、ボルトは陸上でのキャリア終了の後は、プロサッカー選手になりたいと語った。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント