02:54 2018年12月13日
米国反ドーピング機関会長:WADAは「鳥小屋を守るキツネ」

米国反ドーピング機関会長:WADAは「鳥小屋を守るキツネ」

© AP Photo / Bernat Armangue
スポーツ
短縮 URL
173

米国反ドーピング機関(USADA)のトラビス・タイガート会長は、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)について、現在の状況では独立機関ではないと述べた。ガーディアン紙が報じた。

スプートニク日本

タイガート会長はローザンヌでのWADAのシンポジウムで、WADAは違反と戦うための断固とした対策を承認することができないと述べた。

タイガート会長はまた、WADAは独立した機関かとの記者団からの質問に対し、これについては「話にもならない」とし、WADAは「鳥小屋を守るキツネだ」と述べた。英ガーディアン紙が報じた。

先にWADAのリーディー会長はシンポジウムで、ロシアにおけるドーピングとの戦いで大規模な作業を行う必要性を強調したが、同方向性におけるロシアの「明らかな進歩」を指摘した。

タグ
スポーツ, WADA, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント