15:03 2018年06月25日
宮原知子選手、けがの影響で世界選手権欠場

宮原知子選手、けがの影響で世界選手権欠場

© Sputnik / Vladimir Pesnya
スポーツ
短縮 URL
110

20日、日本スケート連盟は、フィギュアスケート女子で全日本選手権3連覇中の宮原知子選手が左股関節のけがの影響で、29日にヘルシンキで開幕する世界選手権を欠場すると発表した。本郷理華選手が繰り上がりで出場する。日本のマスコミが報じた。

スプートニク日本

世界選手権は平昌五輪の国別出場枠が懸かっている。日本女子は2006年トリノ五輪から続く最大3枠獲得に向けて厳しい状況に立たされた。上位2人の順位の合計が13以内の場合は五輪出場枠3を確保できるが、14位から28位だと2枠となる。

宮原選手は12月に開催されたマルセイユでのグランプリ(GP)ファイナルで2位。1位はロシアのエヴゲニア・メドベージェワ選手だった。

フィギュアスケート世界選手権はフィンランドの首都ヘルシンキで3月29日から4月1日まで開催される。

先に、 エフゲニア・メドベージェワ選手は、日本の羽生選手について「彼には魅了される」と語った。

タグ
フィギュアスケート, スポーツ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント