10:50 2018年09月26日
ソトニコワ選手

女子フィギュア、ソトニコワ選手 「プルシェンコ新監督へ乗り換え」

© Sputnik / Vladimir Sergeev
スポーツ
短縮 URL
111

ソチ五輪女子フィギュアシングルの女王アデリナ・ソトニコワ選手はエレーナ・ブヤノワコーチとの関係を解消し、エフゲニー・プルシェンコとの仕事に着手した。

スプートニク日本

ソトニコワさん(20)は8歳の頃からブヤノワさんと活動していた。ブヤノワさんの指導の下、ソトニコワさんは4度ロシア女王となり、欧州選手権で2つ銀メダルを獲得、世界ジュニア選手権で優勝した。ソトニコワさんの最高の成果となったのは、14年度五輪での優勝。

ソトニコワさんは今シーズン、ショー出演のため試合に参加しなかった。

ブヤノワさんは、ソトニコワさんがコーチ契約を解消したと認めた。

プルシェンコ氏自身はすでに、ソトニコワさんとの協働を始めるとすでに発表していた。

2度の五輪優勝経験を持つプルシェンコ氏は先週、フィギュアスケート選手としてのキャリア終了と、コーチ業を始めるプランを発表した

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント