09:07 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 11°C
    国際サッカー連盟(FIFA)

    日中朝韓は2030年サッカーW杯を共同開催できる

    © AP Photo/
    スポーツ
    短縮 URL
    129758

    大韓サッカー協会(KFA)の鄭夢奎(チョン ・モンギュ)会長は、日本、中国、北朝鮮、韓国の4カ国で2030年サッカーW杯を開催できるとの考えを表明した。

    スプートニク日本

    鄭会長は、「南北朝鮮と中国、そして日本がこの件について詳細に検討したならば、2030年のサッカー世界選手権の共催は、よい機会として評価されるだろう」と述べた。新聞DongAが報じた。

    また会長は、韓国、中国、日本が大会の詳細について合意した後、北朝鮮がこの提案に加わるだろうとの見方を示し、すべての開催国にとって興味深い条件がつくられるとし、アジア市場はサッカーの面で非常に魅力的だと指摘した。

    また会長は、韓国でサッカーアジアカップの開催を組織したいとの意向も表明した。

    先に、モスクワで開催予定の国際サッカー連盟(FIFA)第68回総会で、2026年サッカーW杯の開催地が決定する可能性があると報じられた。

    タグ
    スポーツ, サッカー, FIFA, 中国, 北朝鮮, 韓国, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント