20:37 2017年07月29日
東京+ 25°C
モスクワ+ 30°C
    ロシア選手イシンバエワ氏

    棒高跳びのイシンバエワ氏 ロシア反ドーピング機関オブザーバー会議のトップを降りる

    © Sputnik/ Aleksander Vilf
    スポーツ
    短縮 URL
    0 40681

    ロシアの女子棒高跳びの2度の金メダリスト、エレーナ・イシンバンワ選手はロシア反ドーピング機関のオブザーバー会議の会長の座を降りる。ムトコ副首相が明らかにした。

    スプートニク日本

    独立社会反ドーピング委員会のヴィタリー・スミルノフ委員長は、世界反ドーピング機関(WADA)はロシア反ドーピング機関のオブザーバー会議のイシンバエワ氏会長に対してはモラル、倫理上のクレームはなく、ロシアにおける反ドーピング闘争を率いる人間として、同氏に対する支援を行う構えを表明していることを明らかにしている。

    この前、米国反ドーピング機関(USADA)のトラビス・タイガート会長は、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)について、現在の状況では独立機関ではないと述べた。

    タグ
    スポーツ, WADA
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント