03:24 2018年09月25日
サッカー=本田、メキシコ入団会見 メキシコ移籍のわけは?

サッカー=本田、メキシコ入団会見 メキシコ移籍のわけは?

© Sputnik / Vitaliy Timkiv
スポーツ
短縮 URL
0 21

サッカー日本代表FWの本田圭佑(31)が18日、メキシコ1部のパチューカ入団に際し会見した。朝日新聞が報じた。

スプートニク日本

マルティネス会長から背番号2のユニホームを渡された。本田は壇上で「オラ、トードス」(みなさん、こんにちは)とスペイン語で挨拶した。

本田の年俸は数百万ドルとされ、パチューカにおける過去最高額。

本田はメキシコのクラブ移籍について「選手として、人として自分を必要としてくれるクラブでプレーしたかった」とした上で「欧州に残る選択肢もあったが、自分の最近の守りの姿勢に腹が立っていた。メキシコは刺激的なチャレンジになる」と述べた。

背番号2は自身で選んだ数字だとして、「ずっと世界平和のようなものを夢見ていた。2とはそのままピースサインの意味」と説明した。

先に伝えられたところでは、SSCナポリ所属のルーマニア・バカウ出身ヴラド・キリケシュ選手は、自陣からの超ロングシュートを決めた。動画はこちらからご覧頂けます

タグ
スポーツ, サッカー, メキシコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント