06:06 2018年11月13日
オリンピック金メダリストのユリヤ・リプニツカヤ選手

フィギュア五輪金メダリストのリプニツカヤ、引退

© Sputnik / Vladimir Pesnya
スポーツ
短縮 URL
0 49

2014年ソチ五輪のフィギュアスケート団体で金メダルを獲得したユリア・リプニツカヤ選手が、引退を宣言した。

陸上 ボルト、今季引退を確認
© AP Photo / Anja Niedringhaus
スプートニク日本

引退は母親を通じて宣言された。

母親は「引退プランについて、ユリアは4月すでに連盟指導部に伝えていた。欧州で摂食障害の治療を3ヶ月間続けた後の帰国後すぐのことだった」と発表した。

ロシア・フィギュアスケート連盟には4月すでに引退プランを告げられていたとのことだ。

ソルトレイクシティ五輪のアイスダンスで銀メダルを獲得したイリヤ・アベルブフは引退宣言に対し次のようにコメントした。

「とても悲しい。リプニツカヤにはサブリミナル効果とでも言うべきか、パフォーマンスに思わず惹きつけられてしまう磁力があるからだ。」

アベルブフは、リプニツカヤの引退決定が直近の出場結果と関係していると指摘した。

リプニツカヤは「フィギュアスケートの星だった。そして星は早く消えるもの」だ。

この見解は、ロシアフィギュアスケート史上最も素晴らしい実績を持つコーチであるタチアナ・タラソワ氏が示した。

つい最近、リプニツカヤのファンらはその「ふっくらしてきた」体型に注目し、妊娠説をささやいていた。しかしリプニツカヤは噂をバッサリと切り捨てた。

先の報道によると、女子テニス元世界ランキング4位の伊達公子選手が自身のブログで現役を引退する考えを明らかにした。

タグ
スポーツ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント