14:04 2019年12月10日
リプニツカヤ引退 プリュシェンコが「君は小さなレジェンドだ」 有名コーチは「重すぎた人気」を指摘

リプニツカヤ引退 プリュシェンコが「君は小さなレジェンドだ」 有名コーチは「重すぎた人気」を指摘

© Sputnik / Alexander Vilf
スポーツ
短縮 URL
2130
でフォローする

昨日、引退が明らかになったロシア人フィギュアのユリヤ・リプニツカヤ選手(19)。自身も怪我で引退を余儀なくされ、今の彼女の心境をおそらく最もよく理解できるだろう、元フィギュア選手で2度の五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ氏が自身のインスタグラムを通じて、リプニツカヤさんにメッセージを贈った。

スプートニク日本

「フィギュア女子シングルで史上最年少の五輪スポーツ選手! 彼女は15歳で我が国の代表団と共にロシアのために金を勝ち取り、20ポイント中20ポイントをもたらした! 偉大なスポーツ選手(編集部注:リプニツカヤさん)は2014年五輪後も去ることなく、スポーツマンとしてのキャリアを積み続け、公式大会に出場し、傷や心理的な障壁を克服しようと闘い続けた!

ユーレチカ(リプニツカヤさんの愛称)、人生は続いていくよ。君は本当に偉かった。よく頑張った。君は小さなレジェンドだよ。だって長きにわたって停滞していたロシアの女子フィギュアスケートを最高のレベルまで押し出したんだから! 君のことを誇りに思う。そしていつだってそばにいるよ!」

プルシェンコ氏は2014年ソチ五輪でリプニツカヤさんと共にロシア代表団の一員として出場し、金メダルを勝ち取っている。

一方で有名なフィギュア監督のアレクサンドル・ジーリン氏はリプニツカヤさんの引退について、リプニツカヤさんはソチ五輪の金メダル獲得で飛ぶ鳥を落とす勢いで高まった人気とうまく折り合うことができなかったのではないかとコメントしている。

「おそらく彼女はこれ(爆発的な人気)と折り合うことができなかったのではないかと思う。たった15歳で記者団、ファンが嵐のように襲いかかってきたとしたら、あなたならどうだろうか。常にTV画面に姿が映し出され、あちこちでサインを求められるんだ。

こうした試練は聡明な年齢に達した人間だってそうこなせるものではない。それがこんな小さな女の子を襲ったのだ。こんなことが起きた後では全世界が自分の周りを回ってくれると思い込んでしまってもおかしくない。自分はこの世では普通と同じ不滅の存在ではないことは決して忘れてはならない。メダルを勝ち取りつづけるには常に最高のレベルであろうとしなければならないのだ。」

ジーリン監督は、リプニツカヤさんはこうした心理的な問題のほかに、深刻な健康問題を抱えていた事実を指摘している。リプニツカヤさんは体重が増え、以前の軽やかさを失ったため、厳しい減量に挑んだ。

「リプニツカヤは自分にとってちょうどいいと思う体重ではジャンプができないと悟ったのだ。ところが常に食欲不振状態でいることは健康には危険だった。」ジーリン監督はこう指摘している。

関連のニュース

五輪メダリストが無念 フィギュアグランプリにリプニツカヤとソトニコワは出場なし【写真】

リプニツカヤ 妊娠説に手厳しい回答

五輪から2年:リプニツカヤ、7つの怪我について、諦めない姿勢について語る

「太ったユリア・リプニツカヤ選手」をネットユーザーが議論【写真】

タグ
フィギュアスケート, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント