03:55 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 14°C
    引退したリプニツカヤ、バーガーキングとプリュシェンコどちらのオファーを受けるか?

    引退したリプニツカヤ、バーガーキングとプリュシェンコどちらのオファーを受けるか?

    © Sputnik/ Vitaliy Belousov
    スポーツ
    短縮 URL
    0 3674100

    ファストフード・チェーンのバーガーキング・ロシアは、2014年ソチ五輪のフィギュアスケート団体で金メダルを獲得し、先日引退を発表したばかりのユリヤ・リプニツカヤさんに仕事のオファーを送った。

    スプートニク日本

    このニュースを最初に伝えたのは、欧州スポーツ専門放送局のユーロスポーツ。その後、ロシア国内のマスコミにも広がり、更にバーガーキング・ロシアがリプニツカヤ本人に送った手紙の画像も公開された。

    ユーロスポーツ放送局のサイトによると、バーガーキング社は、同社新メニューの「チキンフィレ」にはリプニツカヤさんが相応しいと判断し、そのディレクター職をオファーしたという。

    職務内容は、販促イベントの企画実施。これには、フィギュアスケート関連行事の他、拒食症や肥満に苦しむ人々を支援する各団体との提携も含まれる。

    バーガーキング・ロシアがリプニツカヤ本人に送った手紙
    バーガーキング・ロシアがリプニツカヤ本人に送った手紙

    このようなオファーがモラルを弁えたものなのかどうか、その判断は読者に任せたい。何故なら、リプニツカヤさんが選手引退を決意したのは健康上の理由によるものという情報もあり、しかも、彼女の体重増加に関する噂が伝えられる一方、拒食症の治療を受けていた事実が明らかにされていたからだ。これらの事情を考えると、同社のオファーは、彼女のファンの多くには愚弄とも思われるだろう。

    その一方、ロシアのスポーツ情報サイトsportbox.ruによると、五輪金メダルを2度獲得した元フィギュア選手で、現在はトレーナーの仕事をしているエフゲニー・プルシェンコ氏は、ユリヤ・リプニツカヤさんを自分のチームに招き入れたいと考えている。

    アイス・ショー「雪の王」のエフゲニー・プルシェンコ
    © Sputnik/ Alexander Vilf
    アイス・ショー「雪の王」のエフゲニー・プルシェンコ

    プリュシェンコ氏は「ユーリャ(編集部注:リプニツカヤさんの愛称)と話そうとしたのですが、彼女の電話は不通になっていました。近いうちに連絡を取り、彼女のエージェントと話をします」とコメントし、「僕が手がけるアイスショーに彼女を招待したいし、僕のチームの中でも演技してもらいたいのです。『スノーキング』や『くるみ割り人形』といったショーや、今年35歳になる僕の記念イベントにも招待したいと考えています」と打ち明けた。また、「(選手としての)キャリアが終わっても、人生は終わらないもの。だから今後も練習を重ね、滑り続けなくては。彼女が同意してくれるのか、様子を見ましょう。ただ、彼女の健康状態は正確に理解する必要があります」と語った。

    関連記事

    リプニツカヤ引退 プリュシェンコが「君は小さなレジェンドだ」 有名コーチは「重すぎた人気」を指摘

    フィギュア五輪金メダリストのリプニツカヤ、引退

    タグ
    スポーツ, フィギュアスケート
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント